MoTeCとは

世界中のストリートからレースシーン、研究機関、軍事、警察車輌で活躍する、エンジン制御パーツのトップブランド、それがMoTeC です。世界中で絶賛され続け、現場からの要望に応えるようにアップグレードを繰り返すことで、勝利に必須のアイテムと呼ばれるようになりました。
m800 などのエンジンコントロールユニットをはじめ、高性能データロガーのダッシュロガー、データ解析ソフトウェアのi2、パワーディストリビューションのPDM、デフコントロールユニットのMDC/SDC など、常に時代の最先端のニーズに対応する製品を発信しています。

MoTeC ECU とは

純正ECU(エンジンコントロールユニット)が無くても、単体でエンジンを緻密にコントロールできるシステムです。
各センサーからの情報をMoTeC ECU が読みとり、エンジン回転数やエンジン負荷など、そのときの状況に応じた燃料噴射と点火タイミングでエンジンをコントロールすることができます。
さらに、あらゆる補正機能で四季を問わず制御が可能です。
ブースト制御、NOS 制御、バルタイ制御、アンチラグ、ローンチコントロール、トラクションコントロールなど、さまざまなオプション制御を使いこなせば、スポーツ走行シーンで絶大な威力を発揮させることも可能となります。

専用ソフトウェア

バージョンアップを繰り返す高性能ソフトウェアとの組み合わせで、MoTeC ECUは驚くべき性能を発揮します。
他の追従を許さない処理能力のお陰で、正確なエンジン制御が可能となり、その結果として抜群のエンジンレスポンスが実現します。

データロガー機能

MoTeC ECU はデータロガーを内蔵しています。 これはエンジン各種情報をECU 内部メモリーに記録する機能で、さまざまな情報から現状を検証しつつ、詳細にセッティングを詰めることが可能となります。
データの検証には、専用の解析ソフト「i2」を使用します。
このソフトは無料でAVO/MoTec Japan のホームページからダウンロードが可能です。

車種専用ECU

三菱ランサーエボリューション、スバルインプレッサ、日産R35GT-R 用の、車種専用ECU を用意しています。また、マリンジェットとスノーモービルの人気車種用に、純正ECU と差し替えで使用できるプラグインタイプをラインアップしています。